通勤は、距離より時間ですね!
会社員
秋葉さん
快適な通勤環境
大衡村への工場移転に伴い、神奈川県の相模原市から住吉台に転居してきました。着任当時は家が完成していなかったので、単身でアパートに住んでいましたが、4月末から母と妻を呼び寄せて3人で住んでいます。ようやく、以前から飼いたかった「ウェルシュコーギー」も来たので、これで4人(?)家族になりました。
神奈川時代の自宅は、工場から近い反面、車の騒音も激しい地域でした。
それに比べると住吉台は、自然も豊富で、閑静な住宅地です。夜ともなれば、こんなに星があったのかと思うくらい、空が近く、空気も澄んでいます。公園が多くこれから犬の散歩も楽しみです。
自宅から職場までドアトゥドアで30分弱。渋滞でいらいらすることもなく、通勤は快適です。
すでに、近所にも、相模原から転居してきた方もいます。

住吉台で人情に触れました
東日本大震災発生時は、職場にいました。すぐ、建築中の家の様子を見に住吉台に来ましたが、家もそうですが、道路や街に殆んど損傷が見られなかったので安心しました。しかし、神奈川の家族と連絡が取れず苦労しました。でも、たまたまいらした近所の方が、自分の携帯電話はつながりやすいと快く貸してくださり、親切に感動しました。
そういえば、宅地を検討している時から、住吉台の住民は大人も子供も知らない人にも挨拶をすると聞いていましたが、越してきて本当にそうだったので感心しています。
震災後、会社の仲間とボランティアで南三陸町を訪れました。街は被害が大きく、大変な状況ですが、住民の方の明るさには励まされました。一日でも早い復興を祈るばかりです。

夏の星空が楽しみ
実は家内は元大型トラックのドライバーで(職場で知り合ったわけですが)運転はお手のものですが、生活に必要な施設は団地内にだいたいそろっているので、平日、車の運転は殆んどしません。但し、週末は夫婦で見物・買い物を兼ねたドライブを楽しんでいます。こちらの大型スーパーでは、名前の知らないお魚がたくさん売られており、目下それを試食するのにハマっています。
これから夏に向かい、どのような星空が出現するのか。これまで雪の経験はありませんが、冬はどんな雪景色を見せてくれるのか楽しみです。